スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月24日【くもり】小耳にはさんだ話 



横須賀市に住むhiroさんのお友達Aこさんから聞いた話。

A子さんは大のいぬ好き、ずーとワンコと暮らしていました。
3代目のワンコも死んで失意のA子さんは次は保健所に引き取られている飼い主のいない
不幸なワンコを一匹でも幸せにしてあげようと保健所にその旨を連絡したそうです。

保健所の話では今はそんな犬はいない、
そんな犬を望むなら予約しておいてほしい。
迷子の犬、猫もすぐに飼い主が現れるということです。

そんな返事が返ってきたそうです。

ひと時代前なら明日の命をも知れぬかわいそうな眼をしたワンコがいたものを・・・

そんな話でした。
今はペットブーム、飼われている猫、犬たちがどんな生活をしているのかは分りませんが
ずいぶん世の中が変わっているのだな と考えさせられる話でした。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑↑↑↑↑↑↑
ママの耳にはポチっとの音も聞こえるよ。ポチッとね。

Comments

あっ
保健所じゃなくて犬を保護してるところに電話するほうがいいんじゃない?
どこか今はわかんないけど
私のブログに貼ってある里親募集をクリックしてみて!
いっぱいいるよ
ブリーダーに捨てられたいわゆる血統付のすごい犬や雑種などなど
私も本当は飼いたいんだけど自分の年とか考えちゃうとね 面倒見きれるかどうか自信がないんです

きこさん

有難う。
早速やってみます。
私も今までワンコにたくさんの楽しみをもらってきました。風羽ちゃんの亡きあと(いつのことか、いや、私が元気かどうかもわかりませんが)A子さんと同じようなことを考えています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hirosanchi.blog72.fc2.com/tb.php/547-e04f78ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。